2017年02月07日

◆図書館政策セミナー「図書館の指定管理者制について‐図書館職員として、市民として、見えてきたもの」

 図書館政策セミナー「図書館の指定管理者制について‐図書館職員として、
 市民として、見えてきたもの」
 主催:日本図書館協会図書館政策企画委員会
 日時:2017年3月4日(土)13:30〜16:30
 会場:日本図書館協会2階研修室

 内容:
  報告1:「指定管理者制度をめぐる図書館政策の主な動向について」(図書館政策企画委員会)
  報告2:「自治体経営と図書館運営から見た指定管理者制度―指定管理者制度と直営の現場経験から」
                     永利和則氏(前小郡市立図書館長、日本図書館協会理事)
  報告3:「『指定管理者制度』が市立図書館に導入?―神奈川県逗子市における市民の取り組み」
                     辻 伸枝氏(私たちの図書館を考える会・逗子)

 定員:60名(申込先着順) 参加費:500円(資料代等)
 申込方法:1.氏名、2.所属、3.連絡先(TEL、FAX、E-mailのいずれか)を記
  載のうえ、E-mailかFAXでお申し込みください。

 問合せ・申込先:日本図書館協会企画調査部
  Fax03-3523-0841 e-mail:kikaku★jla.or.jp(★を@にしてください)

 ※JLAメールマガジン第834号(2017/2/1発信)より

posted by 担当者 at 10:56| ◆企画調査部よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする