2016年07月15日

★日本図書館協会「図書館基礎講座 in 福島」


日本図書館協会「図書館基礎講座 in 福島」

主催:日本図書館協「図書館基礎講座」東北地区実行委員会
協力:福島県立図書館
会場:福島県立図書館(〒960-8003 福島県福島市森合字西養山1番地)

日時:2016年8月22日(月)、8月29日(月)午前10時〜午後4時
内容(講師):
22日
10:00〜12:30「図書館の基礎」 (鈴木史穂氏:福島県立図書館/日本図書館協会認定司書認定司書1014号)
13:30〜16:00「現代の図書館の動向」  (新 出氏:白河市立図書館/日本図書館協会認定司書1097号)

29日
10:00〜12:30「出版流通と選書」(高橋将人氏:南相馬市立中央図書館)
13:30〜16:00「図書館の自由」 (田中伸哉氏:白河市立図書館)

資料費:1講座300円
申込方法:メールまたはFAXで@氏名、A所属、B連絡先、C受講希望講座(4科目通してでなくとも受講可)を記入して下記までお申込みください。
申込先・問合先:日本図書館協会企画調査部  kikaku★jla.or.jp
 ※メールアドレスの@はスパム防止のため★としています。送信する時は@(半角)にしてください。


posted by 担当者 at 14:19| ★セミナー・集会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

☆全国図書館大会のお申込みについて


○全国図書館大会のお申込みについて
 平成28年度第102回全国図書館大会専用ホームページは現在作成中です。
 申込み可能になり次第、当協会ホームページでお知らせします。
 FAXでの申込みすでには受け付けています。

※JLAメールマガジン第807号<2016/7/13発信> より

posted by 担当者 at 16:41| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

★「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」成果報告会

★「日本十進分類法のLinked Data形式化に係る共同研究」成果報告会

 日時:2016年7月4日(月) 14時から17時まで(13時30分から受付開始)
 会場:国立国会図書館 東京本館 新館3階 大会議室

 報告テーマと報告者(予定)
  ・日本十進分類法の概要及び今後の予定について
    (日本図書館協会分類委員会)
  ・共同研究の実施及びLinked Data化で直面した諸課題について
    (国立国会図書館電子情報部)
  ・NDC-LDのRDFモデルについて
    (ゼノン・リミテッド・パートナーズ 神崎正英氏)

 定員:40名(先着順)
 参加費:無料

 申込方法・問合先:http://lab.ndl.go.jp/cms/?q=ndcld2016

 ※「JLAメールマガジン第802号 <2016/6/8発信>」にて告知あり


posted by 担当者 at 17:09| ★セミナー・集会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

☆2016年度の日本図書館協会各活動部会の総会について

2016年度の日本図書館協会各活動部会の総会次のとおり行います。

・公共図書館部会
   6月17日(金)11時15分〜 日本図書館協会2F研修室
 ・大学図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時 日本図書館協会501会議室
 ・短期大学・高等専門学校図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時  日本図書館協会502会議室
 ・学校図書館部会
   5月28日(土)14時〜16時  日本図書館協会2F研修室
  (11時〜12時半学習会)
 ・専門図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時  日本図書館協会603会議室
 ・図書館情報学教育部会
   6月5日(日) 15時〜    日本図書館協会2F研修室
  (13時〜15時 研究集会)

 ご出欠のお返事および委任状のご提出をお願いします。JLAホームページか
 ら提出することができます。開催の迫っている活動部会総会もありますの
 で、至急、下記URLのフォームからご送信ください。ご出席の場合も念のた
 め委任状をお出しくださいますようお願いします。

ご案内・委任状フォーム等 詳しくはこちらへ → 2016年度活動部会総会のご案内 

posted by 担当者 at 11:04| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎提出後の調査票の修正・訂正について(公共・大学共通)

「公共図書館調査票」「大学・短大・高専図書館調査票」の修正・訂正について

すでにご提出された調査票の数値の訂正のご連絡については、以下のようにお願いいたします。


【FAX、郵送でお知らせいただく場合】
折り返しご連絡する場合の「ご連絡先」と「ご担当者名」をご記入の上、
お手元の控えに、どの数字を訂正するのか、わかりやすく表示してお送りください。
(複写の際、調査票右下に印字してある「8桁のコード番号」が判読できるようにお願いいたします)

郵送の場合、封筒に、「調査票訂正在中」とお書きいただくと助かります。


【メールの場合】
「図書館名」、調査票右下のバーコードの下(あるいは所在地欄)に印字してある「8桁のコード番号」、折り返しご連絡する場合の「ご連絡先」と「ご担当者名」をご記入の上、
修正する内容の「項目名」と、「訂正前の数字」と「訂正後の数字」をお知らせください。
メールアドレスは、2016年用調査票にてご確認ください。

・お電話での訂正は受付しておりません。
 数字の確認がとりにくくなりますので、必ず上記の方法でお願いいたします。

・8月末までの訂正につきましては、データへの対応が可能ですが、お早めにお知らせください。
 それ以降の訂正のご連絡につきましては、翌年版巻末でのご紹介とさせていただいております。

・名簿情報内容の変更につきましては、ご対応させていただける限りご対応したいと思います。

・「記入要領」(都道府県立はp2、市区町村立は、p2、大学・短期大学・高専は、p3)も、
 ご覧ください。

よろしくお願いいたします。

※FAX番号、メールアドレスは、調査票、記入要領の通りです。

※「記入要領」にもお知らせあり。ご確認ください。

posted by 担当者 at 10:55| ◎図書館調査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

▼新刊のご案内「インターネットで文献探索 2016年版」


「インターネットで文献探索 2016年版」
JLA図書館実践シリーズ 7

著者・編者:伊藤民雄著
発行:日本図書館協会
発行年:2016.5
判型:B6判
頁数:204p
ISBN:978-4-8204-1603-6
定価:定価1800円(税別)

※ご購入はこちらから → 「インターネットで文献探索 2016年版」 


posted by 担当者 at 14:35| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼『文献調査法』第7版 正誤表について


『文献調査法』第7版 正誤表について

日本図書館協会で発売している『文献調査法 第7版』について、
著者より、以下について連絡がありましたので、お知らせいたします。

正誤表がご入用の方は、本誌奥付の著者連絡先までお問合せください。

----------------------
『文献調査法』第7版 正誤表

p.1 目次
p.11 詳細目次
× 「著者主要著作一覧 237〜238 → 削除」
  ※本文は236ページまでで終わり

奥付 著者紹介
× 「図書館関係主要著作:一覧参照(別紙)」 → 削除
----------------------

posted by 担当者 at 14:31| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

☆4月30日は図書館記念日 5月は図書館振興の月


○4月30日は図書館記念日 5月は図書館振興の月
 図書館記念日は日本図書館協会が図書館法施行の日を記念して制定したもの
 です。制定の経緯は こちら をご参照ください。

なお、「図書館記念日・図書館振興の月」のポスターは、施設会員および都
 道府県立図書館には3月に配布しましたので、ご活用ください。
 ポスタについては、こちら → 記念日ポスター


※JLAメールマガジン 第797号 <2016/4/27発信> より
※JLAメールマガジン 購読ご希望の方は、こちらへ → JLAメルマガ 



posted by 担当者 at 15:25| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆熊本地震への対応(JLAメールマガジンより)

○熊本地震への対応
 日本図書館協会図書館災害対策委員会は、4月25日に会合を行い、熊本県を中
 心に発生している地震による図書館の被災について次のような活動を行って
 いくこととした。
 ・被災状況の現状把握と情報提供
  市町村図書館の情報は、基本的に県立図書館を通じて行うが、広く公共・
  大学・学校図書館問わず情報提供のお願いをする。他機関や支援団体と連
  携し情報共有する。
 ・今後のための最低限の予防策等の提示
  余震、降雨が続くなか、特に水損被害は緊急の対応を呼びかける。蛍光灯
  やガラスの破損の対応も重要。 
 ・地元新聞、全国紙(地方版)の確保・保存のお願い
 ・被災図書館への支援を行うための募金
 以上は、図書館災害対策委員会ホームページなどに情報を掲載していく予定
 だが、まず、被災地および近隣の図書館へ向けて当面の予防策をとりまとめ
 て掲載した。
被災図書館の方へ:
 http://www.jla.or.jp/committees//tabid/600/Default.aspx#yobousaku
 なお、日本図書館協会資料保存委員会では被災資料への対応に役立つリンク
 集を作成している。
 被災資料救済・資料防災情報源:
 http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/597/Default.aspx

 ※JLAメールマガジン 第797号 <2016/4/27発信> より
 ※JLAメールマガジン 購読ご希望の方は、こちらへ → JLAメルマガ 

posted by 担当者 at 15:21| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする