2016年04月14日

☆2016年度公益社団法人日本図書館協会活動部会総会のご案内

○2016年度公益社団法人日本図書館協会活動部会総会のご案内

 2016年度の定時代議員総会は、6月17日(金)午後に開催されます。
 これに先立ち、各活動部会の総会を下記により行いますので、
 各部会会員(個人会員・施設等会員)の皆様のご参加をお願いいたします。

 ・公共図書館部会
   6月17日(金)11時15分〜 日本図書館協会2F研修室
 ・大学図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時 日本図書館協会501会議室
 ・短期大学・高等専門学校図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時  日本図書館協会502会議室
 ・学校図書館部会
   5月28日(土)14時〜16時  日本図書館協会2F研修室(11時〜12時半学習会)
 ・専門図書館部会
   6月17日(金)10時〜11時  日本図書館協会603会議室
 ・図書館情報学教育部会
   6月5日(日) 15時〜    日本図書館協会2F研修室(13時〜15時 研究集会)

 ※ 部会総会に出席できない会員は、必ず委任状をお出しください。
  出欠連絡および委任のご連絡は、ホームページ、FAX(図書館雑誌4月号綴じ込み)、
  ハガキ(図書館雑誌4月挿入)のいずれかでご提出くださるようお願いいたします。
 ※ JLAメールマガジン第795号(2016/4/13発信)もご覧ください。


posted by 担当者 at 13:54| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆図書館員の海外研修 応募について

<アリゾナ州図書館協会との交換研修プログラム>

日本図書館協会ではアリゾナ州図書館協会と交換研修プログラムを行っています。

プログラム発足の経緯と概要については、 「国際交流プログラム「司書の海外研修:ホーナー日本交流基金」について−アリゾナ州図書館協会と日本図書館協会の交換研修10周年」小泉徹 図書館雑誌 104(4), 2010, pp. 222-223 をご参照ください。

※2016年度の応募については、「図書館雑誌」4月号に、応募要項を掲載しました。
※ホーナー日本交流基金の詳細については、こちらへ → JLA 国際交流事業委員会 

posted by 担当者 at 13:50| ☆JLAのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

▼新刊のご案内「図書館制度・経営論」


「図書館制度・経営論」

JLA図書館情報学テキストシリーズ III 2

著者・編者:永田治樹編著
発行:日本図書館協会
発行年:2016.3
判型:B5判
頁数:278p
ISBN:978-4-8204-1518-3
定価:1,900円


※ご購入はこちらから → 「図書館制度・経営論」 

posted by 担当者 at 18:38| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

2016年 公共図書館調査、大学・短大・高専図書館調査について


2016年公共図書館調査、大学・短大・高専図書館調査(「日本の図書館」調査票)は、4/1〜5の間に発送予定です。

公共図書館様には、例年通り、都道府県立図書館様を経由しての配布となります。配布のスケジュールにつきましては、各都道府県立図書館様のお問合せください。

大学・短期大学・高等専門学校の図書館様には、日本図書館協会から直接お送りいたします。
4/10頃にまだ到着していない場合は、学内ご確認のうえ、ご連絡をお願いいたします。

提出締切・返送先 は、
大学・短期大学・高等専門学校図書館:5月20日までに「日本図書館協会 出版部調査係」までご返送ください。
市区町村立図書館:5月20日までに各都道府県立図書館の調査票回収ご担当者様までご返送ください。

ご提出が期日に間に合わない場合、上記の返送先まで、ご返送の予定日をご連絡くださいますようお願いいたします。

(詳しくは、記入要領をご覧ください。)

posted by 担当者 at 19:02| ◎図書館調査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

▼新刊のご案内「東松島市図書館 3.11からの復興」


「東松島市図書館 3.11からの復興
  東日本大震災と向き合う」

JLA図書館実践シリーズ 29

著者・編者:加藤孔敬著
発行:日本図書館協会
発行年:2016.03
判型:B6判
頁数:270p
ISBN:978-4-8240-1519-0
本体価格:1,800円

※ご購入はこちらから → 「東松島市図書館
posted by 担当者 at 14:03| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼新刊のご案内「情報資源組織演習 新訂版」

「情報資源組織演習 新訂版」

JLA図書館情報学テキストシリーズ III 10

著者・編者:和中幹雄,山中秀夫,横谷弘美共著
発行:日本図書館協会
発行年:2016.03
判型:B5判
頁数:278p
ISBN:978-4-8204-1515-2
本体価格:1,900円

※ご購入はこちらから → 「情報資源組織演習 新訂版
posted by 担当者 at 14:03| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼新刊のご案内「日本の図書館 統計と名簿 2015」


「日本の図書館 統計と名簿 2015」

著者・編者:日本図書館協会図書館調査事業委員会編
発行:日本図書館協会
発行年:2016.02
判型:B5判
頁数:522p
ISBN:978-4-8204-1516-9
定価:14000円(税別)

※ご購入はこちらから → 「日本の図書館 2015

※電子媒体版はこちらから → 「日本の図書館」電子媒体版  


posted by 担当者 at 14:02| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

▼新刊のご案内「IFLA公共図書館サービスガイドライン 第2版」

「IFLA公共図書館サービスガイドライン 第2版 理想の公共図書館サービスのために」

著者・編者:クリスティー・クーンツ,バーバラ・グビン編 山本順一 監訳 竹内ひとみ、松井祐次郎、佐藤久美子、奥田倫子、清水茉有子、粟津沙耶香、小林佳廉訳
発行:日本図書館協会
発行年:2016.1
判型:A5判
頁数:210p
ISBN:978-4-8204-1513-8
本体価格:1200円(税別)

※ご購入はこちらから → 「IFLA公共図書館サービスガイドライン 第2版」

posted by 担当者 at 11:31| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▼新刊のご案内「学校と図書館でまなぶ インターネット活用法」


「学校と図書館でまなぶ インターネット活用法
ウェブ情報の使い方と情報リテラシーの向上 教員と司書教諭のためのガイド」

著者・編者:ジェームス・E.へリング著 須永和之訳
発行:日本図書館協会
発行年:2016.1
判型:A5判
頁数:159p
ISBN:978-4-8204-1514-5
本体価格:2200円(税別)

※ご購入はこちらから → 「学校図書館でまなぶ インターネット活用法


posted by 担当者 at 11:31| ▼出版物のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

★第37回建築研修会「東北における新たな図書館の動き‐震災から立ち上がる図書館」


ただいま、募集中!!

第37回建築研修会
「東北における新たな図書館の動き‐震災から立ち上がる図書館」


 東日本大震災から間もなく5年。太平洋岸の図書館が津波の被害を受け壊滅的な打撃をこうむった記憶が癒えないまま、それでも地元図書館員や周囲の応援を糧に、復興の礎を築く槌音が確かなものになろうとしています。そういった各地の復興の状況を施設委員会が独自に調査した記録と共に、東北の図書館員、関係団体の皆さんを励ましつつ、今とこれから求められる様々な施策について、参加される皆様のご意見とアイデアを活かせる建築研修会を、岩手県一関市にて開催したいと存じます。なお、新築・改築での個別事例に関する相談も受け付けます。ふるってご参加ください。

 日時:2016年2月8日(月)10:50〜17:30  2月9日(火)9:00〜12:00
 会場:一関文化センター小ホール(JR一ノ関駅西口 徒歩5分)
 主催:日本図書館協会施設委員会

 参加費:@会員4,000円、一般7,000円、学生2,000円 A昼食代:1000円、B懇親会:4,000円
 定員80名(申込順・定員次第締切)

 申込先:日本図書館協会企画調査部  Fax03-3523-0841  e-mail: kikaku★jla.or.jp
 申込方法:@氏名、A所属、B連絡先住所・電話、C会員・非会員、D昼食の要・不要、懇親会の参加の有無、オプション対応参加の有無をお知らせください。
 受付け後、詳しいご案内、請求書をお送りします。

 ※参加申込書はこちらからダウンロードできます。 → 参加申込書 
 ※メールアドレスの@はスパム防止のため★としています。送信する時は@(半角)にしてください。

【研修会 内容】
 2月8日(月)基調報告「被災地の図書館復興の動き」(施設委員会)/「震災復興に向けた都市計画と図書館被災地図書館職員と施設設計者とのコラボレーション報告」(熊谷英樹:気仙沼図書館館長、柳瀬寛夫:岡田新一設計事務所、吉田和紀:福島県立図書館、川島宏:栗原研究所)/一関市立一関図書館の概要と見学/懇親会
 2月9日(火)「被災地図書館から図書館施設再生への課題提起」(千田基嗣:気仙沼市本吉図書館長)/パネルディスカッション「震災から立ち上がる図書館−新たな図書館計画に向けて」(川島 宏、早川光彦:富士大学教授、中井孝幸:愛知工業大学、千田基嗣、西村彩枝子:JLA震災対策委員会委員、ファシリテーター植松貞夫:施設委員会委員長)/オプション対応「被災地の現状」

 ※オプション「被災地の現状」について
 ・研修会終了後、研修会場から貸切バスで気仙沼市に向かい、気仙沼市の被災状況と復興の状況をご案内します。
  なお、費用は別途徴収をさせていただきます。JR一ノ関駅到着は17時30分を予定しています。

posted by 担当者 at 15:13| ★セミナー・集会のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする